サイトマップ English 文字の大きさ 小 中 大
サイト内検索

大津市民病院

TOP > 医師・研修医募集 > 救急診療科常勤・専攻医募集中
救急診療科集中治療部後期プログラム(卒後3-5年次対象)
教育理念

継続的な技能・知識の向上を通して,時代・社会のニーズに合った救急・集中医療を提供し必要となる体制を提案することができる人材を育成する。

救急診療科集中治療部の特徴

救急外来の診療形態は北米型ERをとり,独歩から救急車搬送まで全ての救急患者の初療を経験できる。集中治療管理は基本的に ICUにおける全症例の治療計画を作成し管理することで全科的な重症疾患を担当できる。

指導体制

4名の指導医(日本救急医学会認定医・日本集中治療医学会認定医取得者およびそれに準じる者)が輪番で救急外来,救急病棟,ICU,遅出を担当している。各部署における研修はこれら指導医の直接指導下に実施している。
学術活動に関しても積極的に指導しており,年間10本を超える学会発表・論文掲載を実現している。
ACLSをはじめ標準化講習のインストラクター資格を有するスタッフを要し国際的ガイドラインに沿った指導を行っている。

到達目標

A.一般目標

研修期間全般を通して,救急診療・集中治療の実践に必要となる医学的知識・技量・態度の修練を通して,同領域の発展に寄与する力を修得する。

B.行動目標

a. 日本救急医学会専門医、日本集中治療医学会専門医等の取得に必要となる研修全般を履修する
b. ガイドラインにより標準化された内容を履修し指導できる
c. 関連する学会等で自らの考えを十分な表現力で提示できる

C.経験目標

a. 本救急医学会専門医診療実績表に示された項目を経験する
b. 集中治療医学会専門医取得に必要となる項目を経験する
c. 救急外来に従事し担当症例を提示できる
d. ICUに従事し担当症例を提示できる
e. 院内抄読会・検討会で適切に発表ができる
f. ACLS(Advanced Cardioーvascular Life Support)に準拠した蘇生治療を指導できる
g. JATEC(Japan Advanced Trauma Evaluation and Care)に準拠した外傷初療を修得する
h. EBM(Evidence Based Medicine)に基づいて臨床の問題を検討し報告発表を行う
i. 学会発表・論文作成など救急医学・集中治療医学に関連する学術活動を行う
後期研修修了の評価

救急医学会および日本集中治療医学会の専門医取得または取得見込みをもって後期研修終了とする。

その他

当科以外で研修する大津市民病院後期研修者で,救急・集中治療に関する並行研修を希望する者(以下,並行研修者)も当該科と調整の上受け入れる。並行研修者の研修プログラムは上記 I.からIV.を共通とするが,研修修了評価は次ぎの通りとする。
並行研修者は,日本救急医学会および日本集中治療医学会の専門医取得に必要となる技能を可能な限り修得し,将来の認定医取得につなげることをもって後期研修修了とする。


救急専攻医募集

救急診療科では、集中治療・救急医療に興味をお持ちの方を求めています!
集中治療・救急医療に興味を持たれている方でしたら出身科は問いません。
内科系疾患の救急・ICU患者も多く内科系・外科系問わず歓迎します。

募集人員 : 若干名
処遇 原則として卒業より3-5年は専攻医(常勤嘱託採用)
6年目以上で正規職員採用
救急診療科の現在 集中治療室(ICU)の管理と日勤帯の救急室を担当
救急診療科 : こちらから
救急診療科の特色 :
  1. 「ERおおつ」は救急部門の名称です
  2. 当病院は、二次救急医療機関であり救急救命センターではありませんが、救急患者様を常時受け入れており、一時から超重症まで多種多彩にわたって幅広い経験を得ることができます
  3. 集中治療室と救急を連携して行っている為、重症患者はレスポンスよくICUに収容、治療をスタートできます。また、その流れの中で、重症患者様の病気の初期像から悪化・治療課程・手技全てを習得できます
  4. 資格を取得の重要性を念頭に、集中治療医学会認定施設、救急医学会認定施設として集中治療医学会認定医、救急医学会認定医のし各区取得をサポートしています。特に集中治療医学会認定医の取得に必要な「集中治療に関する論文」の作成面では強力アシスト致します
  5. 内科系、外科系各科症例も充実しており、それらの科での修練を積みながら兼任での勤務も考慮します
救急診療科集中治療部後期研修プログラム : こちらから
問い合わせ先 : 大津市民病救急診療料 TEL 077-522-4607(代表)
詳しい情報 : こちらから

↑ページトップへ

↑医師・研修医募集へ