サイトマップ English 文字の大きさ 小 中 大
サイト内検索

大津市民病院

TOP > 医師・研修医募集 > 小児科専攻医募集
小児科専攻医研修プログラム(卒後3〜5年次対象)
目標

小児科専門医を目指す者が「小児医療を適切に行うための基礎的な知識・技能・態度を修得し、こどもの健全な発育を総合的に支援することができる」ようになる。
= 小児科専門医の取得である。

研修スケジュール

原則3年間の研修を行う。
うち6ヶ月間は、連携する研修支援病院(京都第一赤十字病院、京都府立医科大学附属病院など)での研修を行う。
また、希望者は当院救急診療科での3ヶ月間の研修を行うことも可能である。
(その他の希望に関しては、応相談)

(研修スケジュール例)

3年次

入院 指導医の下、基礎的な診療技術、態度、知識を学び実践する 救急診療部で救急医療及び集中治療を学ぶ
外来 指導医の下、外来診療技術や処置を学ぶ 一般外来
予防接種外来を開始

4年次

入院 基本的な疾患の入院診療を主体的に行う 京都第一赤十字病院でNICU研修
外来 一般外来、フォローアップ、予防接種外来

5年次

入院 様々な疾患の診療を主体的に行い、症例報告なども行う
外来 一般外来、フォローアップ外来、乳児健診を受け持つ

3年次   小児科一般病棟および新生児室において、指導医と共に担当医となり、入院診療を行う。外来では指導医の補助を行い、後半からは知識・技能の修得度合いに応じ、一般外来も行う。
また、3年次後半〜4年次前半にかけては予防接種外来を担当、予防接種の知識・技術を修得する。
希望者には3ヶ月間の救急診療科での研修期間を設け、小児〜成人において、プライマリケア〜集中治療までの幅広い知識・技能を修得する。  
     
4年次   前半は小児科一般病棟および新生児室において原則1人で担当医となり、入院診療を行う。
外来は一般外来、フォローアップ、予防接種外来を行う。
後半はNICU認定施設において、より高度な新生児医療の知識・技術を修得する。 
     
5年次    原則1人で、担当医として患者の入院管理を行う。
外来は一般外来、フォローアップの他、乳児健診外来を担当し、定期健診を含む発達フォローの知識・技能を修得する。
適宜、指導医と共に初期研修医の指導を行う。
     
当直業務    夜間・休日は内科系1人、外科系1人で当直を行っており、小児科は内科系当直を行う。(3回/月)
夜間は午後5時15分〜翌日午前8時30分。
休日は日直(午前8時30分〜午後7時30分)と当直(午後7時30分〜翌日午前8時30分)。
各科オンコールがあり、対応が難しい症例においては、オンコールと相談して診療を行う。 
     
オンコール   3年次は、原則指導医と共に対応する。
4年次以降は1st callとして対応、必要に応じ指導医に相談する。

スタッフ
小児科 中嶋 敏宏  診療部長 (日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医、 臨床研修指導医、PALS プロバイダー)
  木原 明生  医長  (日本小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医、日本がん検診・診断学会認定医、臨床研修指導医、PALS プロバイダー) 
  千原 貴世  医員   
  知念 麻未  専攻医   
小児循環器内科 早野 尚志  診療局長 (日本小児科学会専門医、日本循環器学会専門医、日本小児循環器学会専門医・暫定指導医・臨床研修指導医) 


<小児科関連施設認定> 
  日本小児科学会小児科専門医研修施設 
  日本アレルギー学会認定教育施設

 

 

 

↑ページトップへ

↑医師・研修医募集へ