サイトマップ English 文字の大きさ 小 中 大
サイト内検索

大津市民病院

内科 ( 糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、血液内科 )
診療内容・特色
  1.  糖尿病・内分泌、腎臓、血液の各専門医による専門性の高い医療を提供しております。さらに日本内科学会や関連学会の認定教育施設として、優秀な指導医により研修医を育成し、レベルの高い医療と質の向上に努めています。
  2.  総合内科・救急診療科との連携により、肺炎や心不全などの一般的内科疾患(common disease)や外来で診断が困難な患者様の入院診療を担当しています。特にさまざまな疾患を併せ持つ高齢者患者様に対しては病気を総合的にとらえQOL(生活の質)を最大限に考えた全人的医療を提供しています。

 各専門科の紹介

  1. 糖尿病・内分泌内科
    糖尿病治療方針として、医師、看護師、栄養士、薬剤師、技師などとともにチーム医療を組み、患者さんをサポートする医療を心がけています。糖尿病療養指導士が入院や外来で積極的に関わることで糖尿病教育入院はもとより合併症の治療入院を行い、外来で糖尿病教室・栄養指導・フットケア・インスリン導入が可能です。妊娠、周術期の血糖管理を積極的に行い、糖尿病性昏睡などの救急患者の診療も行っています。1型糖尿病患者さんには、カーボカウント食事指導を行うとともに、希望者にはインスリン持続ポンプ療法を行います。
    さらに、脳下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎などの内分泌臓器の診断治療に力を入れており、特にホルモン異常による二次性高血圧症検査を積極的に行い、治療します。
  2. 腎臓内科
    蛋白尿・血尿の精査から、慢性糸球体腎炎、糖尿病性腎症をはじめとする慢性腎臓病の治療、透析の導入から維持透析の管理まで腎臓病全般の診療を行っています。
    蛋白尿・血尿の原因はさまざまであり、積極的に腎生検を行って治療方針を決定しています。慢性糸球体腎炎の代表であるIgA腎症に対しては早期の扁桃腺摘出術とステロイド治療により根治を目指しています。また、慢性腎不全に対しては1週間の教育入院プログラムを実施し、食事・生活指導とともに心血管合併症の早期発見を行っています。透析療法は血液透析と腹膜透析に関して十分な説明を行い、患者様に最適な治療法を選択しています。さらに、最近、多発性囊胞腎に対して平成26年3月に認可された新しい治療薬(トルバブタン)を用いた治療を開始し、腎機能の悪化を遅らせるよう努めています。
  3. 血液内科
    血液外来では鉄欠乏性貧血、その他の貧血、造血器腫瘍などの治療を行っています。入院では白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫などに対し、標準的な治療はもちろん、患者様にあわせた副作用の少なくて、効果のある最新の化学療法を行い寛解率の上昇を図っています。
スタッフ紹介

部長 : 磯野 元秀 ( 血液浄化部診療部長・臨床研修センター副所長兼務 )
部長(糖尿病・内分泌部門) : 石井 通予 
部長(血液部門): 中尾 光成 ( 臨床検査部診療部長・臨床検査部輸血管理
                                           室長兼務 )
医長 : 峠岡 佑典 
医長 : 中澤 純 ( 血液浄化部医長兼務 )
医員 : 藤野 佳彦
専攻医 : 冨永 愛子
専攻医 : 桂川 葉子
専攻医 : 畑 真之介
非常勤医師 : 浅野 麻衣 
非常勤医師 : 知念 良顕 

外来診察日
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
2診
B1-2
午前
糖尿病
峠岡 峠岡 峠岡
2診
B1-2
午後
内分泌
      浅野  
3診
B1-3
午前
磯野(第1,3,5週)(腎臓)
富永(第2,4週)(腎臓)
中尾
(血液・免疫)
中澤
(腎臓)
磯野
(腎臓)
中尾
(血液・免疫)
3診
B1-3
午後
  腹膜透析外来
(隔週)
 
4診
B2-4
午前
  交代制  
4診
B2-4
午後
         
学会認定医等資格
磯野 元秀 日本腎臓学会指導医・専門医
日本糖尿病学会指導医・専門医
日本透析医学会指導医・専門医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
血漿交換療法専門医
中尾 光成 日本血液学会認定血液指導医・専門医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
石井 通予 日本糖尿病学会専門医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
峠岡 佑典 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本糖尿病学会専門医
日本病態栄養学会指導医・専門医
日本消化器病学会専門医
学会認定施設

日本糖尿病学会教育施設
日本腎臓学会研修施設
日本透析医学会教育関連施設
日本血液学会研修施設

↑ページトップへ