サイトマップ English 文字の大きさ 小 中 大
サイト内検索

大津市民病院

皮膚科
診療内容・特色
  • 湿疹
    アトピー性皮膚炎・接触皮膚炎、特異的アレルギー検査、原因検索(パッチテスト等)も必要に応じ実施。
    症状に応じた外用療法、内服療法を行う。重症度に応じて、入院治療。
  • 蕁麻疹
    血液検査、特異的アレルギー検査も必要に応じ実施。
    症状に応じた内服療法を行なう。重症度に応じて、入院治療。
  • 中毒疹・薬疹
    薬剤・感染症によるもの等、血液・尿検査、皮膚生検、原因薬剤同定検査などを必要に応じ実施。
    原因の除去、抗アレルギー剤内服、ステロイド剤外用などの治療を症状に応じて行なう。
    感染性を有する症例には、感染症対策の実施を、薬剤が原因として疑われる場合には、他科とも連携をとり、被疑薬剤の変更等を指導する。
  • 水疱症
    主として天疱瘡群(尋常性天疱瘡、類天疱瘡など)、皮膚生検、血中自己抗体定量などを行なう。
    ステロイド剤全身投与、免疫抑制剤全身投与などの治療を症状に応じて行なう。
    原則として入院で治療を行います。
  • 炎症性角化症
    乾癬、類乾癬、扁平苔癬、毛孔性紅色粃糠疹など、皮膚生検、血液・尿検査などを必要に応じ実施。悪化因子の除去、外用療法、レチノイド内服、免疫抑制剤内服、生物学的製剤の投与等の治療を症状に応じて行なう。
    重症度に応じて、入院治療。
  • 皮膚腫瘍
    手術治療は、木曜の午後に行なっています。
    外来、場合によっては入院で治療を行ないます。
    悪性腫瘍などでは、高次施設とも随時連絡を取り、紹介も検討。
  • 感染症
    真菌感染症・細菌感染症・ウイルス感染症など、各種真菌検査、細菌培養などを必要に応じ実施。
    外用・内服療法、点滴による治療等を症状に応じて行なう。
    帯状疱疹などでは、重症度に応じて、入院治療を行なう。
スタッフ紹介

   部長 : 末廣 晃宏 ( 形成外科部長兼務 )
   医員 : 横瀬 千美
   医員 : 井岡 奈津江
   非常勤医師 : 荒木 文子

外来診察日
  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
1診 午前
再診
井岡 横瀬 末廣・井岡 交代制 末廣・井岡
2診 午前
初診
交代制
末廣 横瀬 末廣・井岡 横瀬

  ※ 受付時間 AM8:30〜AM11:30

学会認定医等資格
末廣 晃宏 日本皮膚科学会専門医
学会認定施設

   日本皮膚科学会認定専門医研修施設

↑ページトップへ