サイトマップ English 文字の大きさ 小 中 大
サイト内検索

大津市民病院

TOP > 受診の案内 > ERおおつ
ERおおつ

救急外来「ERおおつ」 直通電話 077−525−0299

 救急外来 「ERおおつ」 は24時間365日体制です。 

救急受診される患者さまへ

救急外来「ERおおつ」では、救急専門の医師を中心に内科系、外科系の医師が救急患者様の状態を診て(初期診断)、重症度や緊急度、専門性を決定し、治療等にあたります。
そのため、病状やケガの程度、救急外来の込み具合いによっては、診察までお待ち頂くことがあります。また、専門診療科の医師の診察が必要な場合にもお待ち頂く場合があります。
初診の際は軽症に見えても、時間の経過とともに症状が増してくる場合があります。帰宅後にそのような症状があれば、必ず再度受診してください。

※急病やケガで一刻を争う場合は、救急「119」番で救急車を呼び、受診ください。

                                                      救急診療科の詳細はこちら>>


救急外来を受診される際は
  健康保険証をご持参下さい。福祉医療券等をお持ちの場合は、一緒にご持参下さい。健康保険証が無い場合、自費扱い(1点15円。消費税別)とさせていただきます。
※なお、後日、健康保険証を提示いただければ精算いたします。 
  当院を受診したことがある方は、診察券もご持参下さい。 
救急外来では
  投薬
救急処置の対応となりますので、長期間の投薬はしておりません。 
  診断書
診断書の発行は、後日、専門医の外来を受診いただき、専門医が診察後、記載することになります。詳しくは、医事課証明係までお問い合わせ下さい。 
救急外来に行くべきか?救急車を呼ぶべきか?など、悩まれている場合には
@  まず、かかりつけ医に連絡をして下さい。 
A  かかりつけ医を持っていない。または、かかりつけ医に連絡が
取れない場合には、電話相談ができるサービスがあります。
もしくはインターネットで調べることも可能です。
 
電話相談
A.  電話相談 
  ・滋賀県小児救急電話相談
 短縮ダイヤル #8000番 または
 077−524−7856
  お子さまのケガや急病で、病院へ行った方がよい
  か判断に迷ったとき、アドバイスします。
  ・滋賀県精神科救急医療相談
 077−566−1190

  受付時間  @平日 18:30〜21:30
 A休日 9:30〜17:00、18:30〜21:30
B.  インターネット上の有用な情報 
  ・滋賀県広域災害・救急医療情報システム
・こどもの救急
  どのように対処すれば良いか、症状から判断することができます。
  対象年齢:生後1ヶ月〜6歳 救急&予防サイト(日本小児科学会)
  ・大津市医師会医療機関検索システム
  大津市内の医療機関の場所や診療内容を検索し、受診の参考とすることが
  できます。
救急外来について考えてみてください!!

★ご存じでしょうか? “コンビニ受診” という言葉を


 医療機関の通常の診療時間外に、急を要しない軽症にもかかわらず、安易に
 救急外来を受診すること。24時間営業のコンビニエンス・ストアーへちょっと買い
 物に行く感覚で医療機関の救急外来を受診することを言います。

★“救急外来”は ・ ・ ・


 救急外来は、緊急で入院や手術をしなければ生命に危険が及ぶ重篤な患者を
 受け入れ、専門医につなぐ重要なセクションです。
 特に、夜間や土曜・日曜・祝日など、一般の医療機関が診療を行っていない時間
 帯に一刻を争うような重症、重篤な患者を優先して、受け入れ、治療を行うことを
 目的にしています。
 そのため、救急外来では、通常の外来診療のように受付順番で診察を行うのでは
 なく、重症度、緊急性によるトリアージ(優先順位付け、振り分け)を行い、この
 優先順位をもとに必要な検査や処置を行っています。

★大切な救急医療を守るために
            “かかりつけ医” を持ちましょう!


 医療機関の救急外来は、重症、重篤な救急患者を診療するためのものであり、
 便利な時間外の窓口ではありません。これからも安心して受診できる救急外来を
 維持するためには、日頃から何でも相談ができる“かかりつけ医”を持ちましょう。
 救急外来の敷居が高いことで本当に重症の患者が、救急外来の受診を我慢する
 ようなことがあってはいけませんが、本当に救急医療を必要とする患者さんが
 適切な医療を受けられるように、休日や夜間の安易な受診を控えるなど、受診者
 一人ひとりのモラルの向上が必要です。今一度、救急外来について、考えてみて
 ください。


↑ページトップへ